竣工記念や贈答品、記念事業の人文字空撮などをセスナ機に代わりドローンで航空写真撮影いたします。

ドローンによる航空写真撮影

ドローンが登場するまで、航空写真とえいばセスナ機やヘリコプターによるものが主流でした。 しかし、セスナ機などは機体そのものの値段と維持・運用費が高く、航空写真の撮影もそれに伴い高額となっていました。

それがドローンが登場したことにより、航空写真の形態が変化し始めています。今や航空写真はドローンで撮影する時代です。 ドローンによる航空写真の利点について、次の小節でご紹介します。

ドローン航空写真による五つの利点


無人航空機とも呼ばれているドローンはセスナやヘリに比べて多くの利点があります

セスナ機などによる航空写真とドローンによる航空写真の違いは、大まかに言って次の五つがあります。

①料金が安価
②その場で確認が出来る
③撮り直しが可能
④接写が出来る
⑤写真以外にも動画撮影を行える

【①料金が安価】

ドローンによる航空写真は、セスナ機等による航空写真と比べて安価です。 サービス提供に際し、機体費用や維持費用をお客様に負担して頂く分が少なく、その分だけセスナ機等による航空写真に比べ安価にサービスを提供することが出来ます。

【②その場で確認が出来る】

操縦士が地上でタブレット端末等で機体のカメラ確認を行っているので、撮影した写真をその場で確認することが出来ます。 そのため、画角などの細かな事項についてリアルタイムで指示を頂くことが可能です。

【③撮り直しが可能】

ドローンによる航空写真撮影では、操縦士が現場に機体を持ち込みその場でフライトを行います。 セスナ機等の航空写真撮影は厳密に時間が決まっていますが、ドローンによる航空写真撮影では、撮影のタイミングを柔軟に変更することが可能です。 また、ドローンは空中の同じ位置で待機させることが出来るので、その場での撮り直しも容易に行えます。

【④接写が出来る】

セスナ機やヘリコプターは航空法の規制があり、150m以下に降りてくることが出来ません。 ドローンは逆に150m以上を飛行するには許可が必要ですが、150m以内なら自由に飛行することが可能であり、航空写真的な幅広の視界を有した、ダイナミックな撮影を実施することが出来ます(弊社は国土交通省より許可・承認を得ています)。

写真にも動画にも対応


【⑤写真以外にも動画撮影を行える】

最大の違いとして、写真だけでなく動画撮影も行える点がセスナ機などの航空写真撮影と異なる点です。

撮影した動画は弊社で編集することも、そのままデータとしてお渡しすることも出来ます。 ドローンの空撮動画は今までにないアングルからのものであり、ホームページに掲載する等して注目を集めることが出来ます。

セスナ機に比べて多くのメリットがあるドローン航空写真撮影。愛知県内や愛知県の近郊で航空写真撮影をご検討中の方は、是非お問合せ下さい。

大きい工場でも大丈夫?


ドローンによる空撮は大型の工場にも対応しております。

ドローンは上空150m内の領域を飛行することが可能であり、これは建物に換算すると40階相当の高さとなります。 大規模工場でもドローンの画角で収めることが出来る他、撮影している画を端末を通じてリアルタイムでご確認頂くことが出来ます。

尚、航空法の制限として空港周辺ですと上空飛行制限が50mから100mとなることも御座います。 ご連絡頂ければ空港周辺でも限界高度を確認した上で、画角についてご相談させて頂きます。お気軽にお問合せ下さい。

夜間の撮影にも対応


国土交通省からの許可により無人航空機(ドローン)を全国の範囲で夜間飛行させることが出来ます
 

航空法の制限のため、通常はドローンを日没後に飛行させることが出来ません。しかし、弊社は愛知県のみならず全国の範囲にわたり国土交通省と大阪航空局よりドローンの夜間飛行の許可を得ております。

よって、全国で夜間帯にドローンを飛行させることが可能です。

また、夜間帯ですと写真としてISO感度(カメラが光をとらえる能力)が問題となることがあります。 しかし、弊社が使用するDJI社製Inspire2は、ISO感度や絞り値、シャッタースピードを設定することが可能です。

デジタルカメラは画像素子に当たった光を電気信号に変えて処理を行っており、ISO感度を上げることで電気信号を増幅することが出来ます。 ISO感度を二倍にすると単純に言えば電気信号は二倍となり、必要な光の量も半分となります。

DJI社製のInspire2は一眼レフと同等のカメラを搭載しており、機種変更料金を頂ければ夜間撮影にも対応します。尚、露光量などによってはお望みの写真が撮れないことも御座いますので、予めご相談下さい。  

人文字もお任せ下さい


学校や企業の記念式典等における人文字空撮も承っております

学校の周年記念や会社の記念行事における人文字撮影にもドローンは対応しております。 航空機は航空法の制限で150m以下に着陸時以外には降りてくることが出来ませんが、ドローンは上空150mまでの領域を飛行させることが出来ます。

航空機では高度制限の都合から撮影される人文字は小さくなりがちですが、ドローンは150m以内を航空出来ることから、大きさについてもご希望に応じた工面がつき、少人数の人文字でもはっきりと映すことが出来ます。

補助者の増員を行うことで安全管理についても配慮を行っておりますので、人文字撮影は空撮サービスまでお気軽にご依頼下さい。

画像修正も承っております


ドローン空撮で撮影した写真は弊社で画像修正を行うことが可能です。文字入れや不要物の消去など、お気軽にお申し付け下さい。
 

ドローンで撮影した画像の修正も自社で実施しております。電信柱や電線、無関係の車両を写真から消して欲しいという方は、お気軽にご相談下さい。不要物の消去の他、「〇〇記念」などの文字入れも行っております。

外部に委託せず全て自社で行っておりますので、細かい修正にも対応可能です。料金については内容に応じたお見積りとなりますので、希望事項を専用フォーム、もしくはお電話にてお知らせ下さい。

航空写真額装サービス


撮影した航空写真を額装のプロの手によって装丁いたします

航空写真を撮影・修正するのみならず、額装のプロの手による額装サービスも行っております。会社のインテリアとしてご使用頂く他、記念品として贈呈頂くことも可能です。

額装の種類も複数からお選び頂ける他、お任せ頂ければイメージにそった装丁を実施させて頂きます。この機会に是非、額装サービスについてご検討下さい。

印刷・クリアファイルやパンフレットにも


額装の装丁の他、クリアファイルやパンフレット等、各種印刷物のデザインから製作までを請け負っております。

額装サービスの他、撮影した航空写真の画像を用いたクリアファイル等の記念品作成や、パンフレットにリーフレット、ポスターといった各種販促物の作成も行っております。

また、写真を引き伸ばしてカンバスに印刷して欲しいなど、特殊な印刷についても対応することが可能です。記念品製作や各種の販促物の作成、特殊な印刷のご相談なら空撮サービスに撮影と一括してお任せ下さい。

著作権・肖像権など


撮影した画像や動画は原則全てお渡しさせて頂きます。 著作権についてもお渡しと共に譲渡させて頂きますので、複製販売を除き、画像や動画はご自由に利用頂いて構いません。

尚、撮影に際しては総務省規定の 「ドローンによる撮影映像等のインターネット上での取り扱いに係るガイドライン」に基づいて肖像権などの保護に努めておりますが、二次利用される際には内容について一度ご参照頂きますようお願い申し上げます。

料金に関して


記念航空写真向け

Phantom4 空撮<最終引き伸ばしA1> 4時間<移動時間含む> 60,000円~
8時間<移動時間含む> 100,000円~
Inspire2+X5S 空撮<最終引き伸ばしB0> 4時間<移動時間含む> 150,000円~
8時間<移動時間含む> 200,000円~
飛行時に確認できるモニター55型 32,400円~
建物の画像修正 10,800円~
パネル印刷 A1 16,200円~
印刷 A1 6,480円~
額装 A1 54,000円~

印刷物は各用紙に対応しております。お気軽にお問合せ下さい。