建物や社屋の高所外観調査をドローンで代行します  

工場などの高所外観検査

工場屋根(スレート屋根など)の劣化状況確認や、建物の外観検査をドローンを用いて行うことが出来ます。

高所作業車を使用したり、建屋ごとに足場を組んで人力による目視確認を行うより素早く安全で、且つ安価に行うことが可能です。

社屋や工場、建物の屋根や外観などの調査を希望する方は、ドローンによる高所外観検査サービスをご利用下さい。

屋根の状況確認


工場の屋根の状況確認や検査をドローンを用いて安全に行います
  

従来の人を用いた方法では建屋ごとに足場を組むなどして屋根に上がり、デジタルカメラ等を用いて状況を確認するスタイルが主流でした。 しかし、その方法では状況確認を行うだけでも費用と労力がかかり、何よりも安全面で様々な問題がありました。

そうした中、無人航空機とも呼ばれるドローンは地上から端末を通じて屋根などの高所を確認することが可能であり、費用面を含めた日数などの業務効率化の他、安全面でも期待されています。

壁のクラック(ひび・割れ)を確認


建物のひび割れ、クラックなどをドローンを用いて確認いたします   

撮影した画像は拡大することが可能であり、建物のコンクリート部分に発生したひび割れやタイルの欠損などを、ドローンを用いて確認することが出来ます。

使用するドローンの機種によっても異なりますが、DJI社製Inspire2では4000×3000ピクセルの画像として撮影が行える他、色情報についての加工が容易であり、ズームによるスレート屋根の損傷確認やクラック確認などがし易くなっています。

また、上空からだけではなく側面から建物を撮影することも出来ます。高所での危険作業を”人”に代わって”無人航空機”であるドローンが代行します。  

施工管理や保険申請などにも


施工管理や保険申請などの際にもドローンでの検査記録は有効です。
  

ドローンを活用することで施工管理における進捗状況確認はもとより、建物の損害箇所を画像で確認することが出来るようになります。

高所などの危険個所や人が踏み込み辛い場所を映像で確認することで、損害の実態をより早く掴めるようになる他、その画像を証拠として残すことで損害保険の申請に利用出来ます。

特に台風や大雨による雨漏り確認などでは、雨の後で屋根が滑りやすくなっており、人が足を踏み入れるのには危険が伴います。その作業をドローンで代行することで、損害状況の把握や迅速な情報収集が可能となります。

立ち合い時の大型モニター貸し出し


ドローンを用いた工場などの外観検査にお立合い頂くと共に、大型モニターを通じてリアルタイムに撮影映像を確認頂くことが出来ます。

ドローンによる撮影はお立合い頂くことが可能です。撮影中の映像を操縦士の端末で確認することが出来る他、大型モニターに端末の映像を写すことも出来ます。

リアルタイムに指示を頂ければ、お客様が気になっている部分を重点的に空撮いたします。

また、撮影している様子を大型モニターを通じて中継することも可能です(コードの長さによる制限あり)。 モニターは屋外への貸し出しも行っておりますので、プレゼン等で使用頂ける他、建物のオーナー様にもモニターを通じて現状を確認頂くことが出来ます。

工場外観検査サンプル

ドローンを用いた工場外観検査

ドローンを使用してどこまで工場外観検査ができるのか、というお問合せを多く頂いております。 弊社の倉庫で実施した外観検査を資料として公開しておりますので、宜しければ参考に供して下さい。

尚、無断転用は固く禁止しております。

ドローンを用いた工場などの外観検査資料

その他、用途は様々

  

ドローンで行えることは他にも沢山あります。

設備撤去前後の確認撮影や、工事現場の記録映像撮影、竣工記念の空撮、記念用の集合写真撮影など、高所での外観調査以外にも幅広く使用頂くことが可能です。

尚、ドローンの飛行には航空法の規制が生じますが、弊社は国土交通大臣より全国の範囲でドローンの飛行許可承認を得ています。また、事業賠償責任保険にも加入し、安心して飛行をお任せ頂けます。

ドローンを用いた工場屋根等の外観調査のご依頼や、ご要望事項、ご相談ごとが御座いましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

料金について

工場外観検査

Inspire2+X5S 空撮 4時間<移動時間含む> 200,000円~
含まれる機材 交換レンズ・発電機・モニター55型・納品時のメディア
納品物 撮影物・工場のオルソ画像
高所作業によるドローン外観検査 事前打合せ後の見積もり

工場施工管理

写真撮影<5カット程度> 32,400円~+交通費実費(近隣に限る)
画像編集 10,000円~